[パワプロ]石触宴舞の性能評価

石触宴舞の性能評価

石触宴舞の基本性能

ガチャ排出 限定


▶限定・排出停止キャラ一覧

キャラ種別 野手+投手
得意練習 打撃&スタミナ
役割 バウンサー


▶役割一覧

適性競技 柔道
柔道


▶適性競技一覧

金特 野手時
挑発(確定)+走力バースト(確定)
気迫ヘッド(確定)


投手時
復活(確定)

金特依存
上限UP 走力+4
捕球+4


▶上限UPの詳細

覚醒 なし


▶覚醒の詳細

イベント 前イベ:計2〜4回
(自己紹介・固定イベを除く)


▶イベキャラ前後一覧

コンボ
なし
所持コツ 投手
球持ち◯/低め◯


野手
送球◯/アベレージヒッター/守備職人/かく乱/守備移動◯

別ver
なし

イベキャラボーナステーブル

レベル ボーナス
Lv.1 初期評価40(SR),45(PSR)
タッグボーナス30%
コツイベントボーナス40%
Lv.5 初期評価55(SR),60(PSR)
Lv.10 コツイベント率UP40%
Lv.15 コツレベルボーナス2
Lv.20 得意練習率UP15%
Lv.25 タッグボーナス80%
Lv.30 走力上限UP+4
捕球上限UP+4
初期評価70(SR),75(PSR)
Lv.35 心の相棒
(タッグボーナス,得意練習率UP)
練習効果UP10%
Lv.37
(SR上限開放時)
精神ボーナス4
Lv.40
(SR上限開放時)
精神ボーナス8
Lv.42
(PSR上限開放時)
技術ボーナス5
Lv.45
(SR,PSR上限開放時)
技術ボーナス10
Lv.50
(PSR上限開放時)
練習効果UP30%

石触宴舞のイベント

自己紹介

石触評価+5,やる気+

人気者のピエロ(全レア度)

ジャグリング 敏捷/変化+54,技術+54
★チームプレイ☓になる
猛獣使い 体力+20,やる気+
技術+13,精神+13
空中ブランコ 共通
筋力+20,精神+40


野手
★ローボールヒッターコツLv1


投手
★低め◯コツLv1

孤独なピエロ(SR,PSR)

1回目
気合いを入れる
※イベント終了
共通
筋力+27,敏捷/変化+27


野手
★気迫ヘッドコツLv1


投手
★根性◯コツLv1

心配する 技術+13,精神+13
2回目
精神+27
3回目
共通
筋力+27,敏捷/変化+27
技術+27,精神+27


野手
★挑発コツLv1
★走力バーストコツLv1


投手
★復活コツLv1

SRイベント3回目は超低確率で失敗の可能性あり。失敗した方がいらっしゃれば、コメントにて情報提供お願いします。

エピローグ

発生条件 : SRイベント3回目発生済み

甲子園に出場

筋力+27,敏捷/変化+27
技術+27,精神+27

甲子園出場ならず

筋力+13,敏捷/変化+13
技術+13,精神+13

選手能力

選手ランク A
[84]
メインポジション 遊撃手
サブポジション 二外

野手ステータス

2 C
[68]
D
[55]
B
[70]
C
[68]
B
[78]
C
[64]

投手ステータス

球速 コントロール スタミナ
125 D
[50]
D
[50]

変化球

球種 変化度
カーブ 2

※https://xn--odkm0eg.gamewith.jp/article/show/292131より引用

石触宴舞の長所

・自己紹介でやる気が上がる

石触宴舞は自己紹介イベントでやる気が上がります。

自己紹介でやる気が上がるキャラはここ最近はいなかったので

特に討総学園だとサクセス開始数ターンで闘気40を上げることが出来る大きな強みがあります。

・走塁と捕球上限持ち

石触宴舞は走塁上限+4と捕球上限+4を所持しています。

走塁は所持キャラもそこそこ多いですが捕球上限は優秀なキャラが少ない為石触宴舞が捕球上限枠として採用されやすいです。

特に石触宴舞の登場により討総学園で[ユニフォーム]片桐恋を外して他の彼女キャラを入れやすくなったのは非常に大きなメリットです。

・挑発+走力バーストor気迫ヘッドを貰える。

石触宴舞は金特に挑発+走力バーストまたは気迫ヘッドを貰えます。

挑発も走力バーストも高査定の金特で気迫ヘッドの方も査定は70ですが必要経験点が少なく査定効率の良い金特+イベントの圧縮と隙がありません。

・優秀なテーブル

非常に優秀なテーブルです。

LV50だと

  • 初期評価75
  • スペシャルタッグボーナス100%
  • 練習効果UP30%
  • 精神ボーナス8
  • 技術ボーナス10
  • 得意練習率25%
  • コツイベント発生率UP40%

と非常に優秀です。

石触宴舞の短所

・投手だと使い道が無い

石触宴舞のテーブルと金特を見る限り投手で運用する性能とは思えません。

金特が一つ、得意練習も単体練習(討総学園だとコントロール/スタミナ)上限も野手用だけと投手で使える性能とは思えません。

野手なら強く、投手だとかなり微妙な性能になっております。

・テーブルと得意練習が噛み合っていない

テーブルと得意練習が全く噛み合っていません。(討総学園の相性込みで)

  • 打撃練習は技術と精神ボーナスが入るから噛み合っていると言える。スタミナ練習に技術ボーナスは影響がない。
  • 野手の討総学園だと得意練習が打撃/走塁練習になるが走塁練習に技術も(改革を入れない限り)精神ボーナスも走塁練習に影響がない。投手も上記の通り。

・二刀流のメリットが何一つない

他のキャラと違って二刀流キャラにするメリットがこのキャラには何一つありません。

上記の通り投手育成での評価は残念過ぎるので何で二刀流キャラで出したんだとまで言えます。

これなら素直に打撃/走塁にした方が他の高校でも扱いやすい性能になったと思います。

・討総学園だと対抗馬が多い

得意練習的に対抗馬が多い問題会があります。

特に調整されたゼンザイ、土門季音が上限以外で被る所が多い問題があります。

特にゼンザイと土門季音と違って石触宴舞は敏捷ボーナスが無いと言う大きな弱点があるので敏捷稼ぎには一層注意が必要です。上記のキャラと併用したり他に敏捷を稼ぐ手段を講じたほうが良いと思います。

そして一番の問題点として石触宴舞は影響で忍耐を貰えます。忍耐を序盤(セクション2~3)で入手すれば1000点以上経験点に影響することも起こり得るので忍耐の入手率を少しでも上げる為に敢えてデッキに入れない選択肢もあります。

・無解放だと微妙な性能

石触宴舞のテーブル的に無解放では余り優秀な性能ではありません。

最低でもSR+1のLV37、可能ならSR+5のLV45以上は必要です。

総評

石触宴舞は野手だと討総学園では非常に優秀、それ以外の高校だと野手は汎用性が高いキャラ、投手だと論外な性能です。

2つの上限を所持していて、金特が両方とも確定、得意練習が単体練習なのは残念ですが野手だけ見れば十分強い性能でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました